2015年09月29日

赤色レーザーの目への影響


赤色レーザーの目への影響


レザー光とは、光を増幅して放射する装置から得られる光です。

その特徴が一定の波長を得易く、指向性や収束性を得られ易い。と言うモノです。



過去に問題となった、レーザーポインターは、トータルの発光エネルギーはそれほど多くは無い物の、一点に集中させているため、直接見つめると網膜に残像を残したり、ダメージを与える場合も有ると言う事でしたね。(私もまだ持っています。)



CDやDVD/BDなどの光学ドライブにもレーザー発光ダイオードが利用されていて、一点収束光を利用しているため、内部分解は各社とも禁止としています。



テレビでの利用の場合、全体にムラなく拡散させたり、必要な量だけに限定しての活用ですので、問題は有りません。



水道水と同じで、適度な水圧と水量だから安全で便利。

非常に高圧の場合、手も鉄板も切る事が出来るし、非常に水量が多いと津波被害のような状況も有るのですね。



レーザーポインター 高出力も破壊兵器に使われたり、健康被害の問題になったりする場面も有りますが、上手に使えば安全で便利に利用が出来ると言う事です。



なお、「レーザー光」と書きましたが、レーザーの中には光りよりもずっと周波数が高い、電磁波や放射線と言う分野も有ります。

電磁波として利用しているのが電子レンジとか、放送送信アンテナ等。

放射線の場合は、レントゲン等が私達一般には馴染みが有る分野でしょう。

(飛行機を利用する人は、手荷物検査のX線検査もありますね。)



大規模なコンサート等で、光の演出にブルーレーザーポインター 2w光線が利用されますが、あれは非常に高速に照射方向を移動させているので、一瞬、直接目に入って来ても時間が短い為にトータルエネルギーが低い為に安全に利用出来ています。そのため、振り幅が小さく成って収束するような場面では人が居ない天井等へ向きが変わるようにしています。



色的にもエネルギー量が少ないグリーンレーザーポインター等が多用されますが、あの装置でも近接状況で発光部を見たらダメなんですよぉ。


  


Posted by kukikomi at 11:39Comments(0)

2015年09月23日

強力なレーザーポインター製作する動画が『YouTube』に公開


強力なレーザーポインター製作する動画が『YouTube』に公開


DVDのレーザーピックアップに使われているパーツを改造して、ブルーレーザーポインター 1000mwを製作する動画が『YouTube』に公開されている。


強力なレーザーポインターはたびたび問題になりニュースでも取り上げられるほど危険なもの。



直接目に照射すれば視力の低下は免れない。もっと強力なレーザーポインターになると物を燃やすことも可能になるという。


“Laser Flashlight Hack!”という動画でDVDのレーザーピックアップを改造して製作したレーザーポインター カラス退治を紹介。


そのレーザーはかなり強力で風船を割ることも可能。動作は乾電池一個だが、武器レベルの威力を持っている。かなり危険なため決して真似して欲しくないというか、真似しようにも素人にはできないと思う。


昨今は野球の試合中に選手の顔に当てたりするイタズラが流行っているみたいだ。


過去にはパイロットに超小型レーザーポインターを当て操作を妨害した事件が起きた。


この際旅客機は墜落寸前だったという。カリフォルニア州で起きたこの事件は2年半の実刑判決となっている。


レーザーポインターといえども使い方次第で大惨事になりかねないのだ。


また市販されているレーザーポインター 猫より強力なレーザーポインターがネットオークションで販売されており、誰でも入手できてしまう。


もちろん商品にはその危険性についての注意書きがあるのだが、入手出来てしまうこと自体が危険とも言われている。


http://saruhaku.jimab.net/e1118812.html


http://my.mmosite.com/5674576/blog/item/_2.html


  


Posted by kukikomi at 12:42Comments(0)

2015年09月21日

LEDとレーザーポインタの違いと同じ


LEDとレーザーポインタの違いと同じ




レーザー発光器もLEDのように100Hzくらいで点滅できるものでしょうか?


照明に利用したいのですが、

LEDとか白熱灯とは発光原理が違うので、だいじょうぶかなと思っています。

確かレーザーポインター カラス退治って、「チャンバ内で原子が励起されて・・・」というようなことだったと思うので、

応答が遅いのかな?

遅いといっても数マイクロsとかで、100Hzくらい楽勝なんでしょうか?


レーザポインタという言葉からすると、「レーザ発光器」というのはレーザダイオード(LD)のことでしょうね。きっと。

レーザと単純に言うとそれはもう沢山の種類がありますから。

レーザーポインター 50mwに使われているレーザはよほど特殊な物でなければ普通はLDです。



答えを言えばLEDよりレーザダイオードの方が早いんです。

LEDは数MHz(1,000,000Hz)位までなら実用的に使われています。

LDの場合は、最近の光ファイバー通信に使われていて、数GHz(1,000,000,000Hz)で点滅できます。



他の大抵のレーザーポインター キーホルダーも数百Hz位ならば楽勝だし、この位だと出てきた光を光スイッチ(色々種類があります)等でも制御できます。


 


ただ、問題が一つあります。照明にとのことですが、レーザは非常に強い光源のため、照明に使えるほどの強さですと、安全基準にひっかかるおそれがあります。

公共の場で利用する場合は関係法令も気をつけて下さい。


https://www.focusreza.com/product-ws008.html

ブルーレーザーポインター 2wは波長、出力に応じてCLASSを決められており、物によっては間接的でも光が目に入ってはいけないと言う決まりがあります。


http://ciciko.hama1.jp/e1443768.html 0


http://putami03.blog.jp/archives/1040432077.html


  


Posted by kukikomi at 16:46Comments(0)

2015年09月18日

レーザーポインターを一直線にしたいのですが


レーザーポインターを一直線にしたいのですが


レーザーポインター 5mwの光が線になって見えているのは、そこに塵や埃などのとても小さな粒が浮いているからです。

この小さな粒にレーザーの光が当たってあちこちに乱反射するために、線になって見えます。

撮影のテクニックの一つでしょう。

きれいな空気であれば線になって見えません。

線香の煙や沸騰したヤカンから出ている白い蒸気に1000mw ブルーレーザーポインターの光を当てると光の線が見えますよ。

同じような現象としては、雲の切れ間から太陽の光が線になって見える、というものがあります。



乱反射して見えるようになります。光の道筋を直接見ることは出来ません。


微粒子があることでレーザーポインター 100mw光が反射してあなたの目に入るわけです。何も無ければ直進して光が届かないので見えません。

塵が多いなどの環境なら光の線が見えると思うけどね。きれいな状態なら光の線は見えないよ。少しスモークを入れるなどの工夫かな。


レーザーポインター 星


http://fetryre.blog.bbiq.jp/fetryre/2015/09/post-3b2c.html 0


http://blog.eigyo.co.jp/fnhgftt/


  


Posted by kukikomi at 16:05Comments(0)

2015年09月16日

レーザーポインターでオスプレイの航行妨害について


レーザーポインターでオスプレイの航行妨害について


自民党国防部会では、普天間基地における危険行為、風船(ワイヤー付き)や凧によるオスプレイの航行妨害についても議論する。併せて厚木基地等でも報告されているカラス撃退 レーザーポインター による航行妨害も法的規制の外になっているため議論する。


左翼は落ちたら危険だと言いながら落とそうという矛盾した行為に出るのはなぜでしょうか?

レーザーポインター 星空観察はともかく凧や風船くらいで軍用機にダメージになるのでしょうか?

もしこういう行為が原因で墜落したらその後のシナリオはどうなると思いますか?


そもそもいわゆる「左翼」の皆さんの論理は皆さんの内輪だけで通用するものが多いんですけれどね。矛盾した行為の要因は彼らの思想そのものが矛盾だらけだからとしか言いようがない。



 
凧や風船の中に「ワイヤ」を装着しているものもあるというのは、現時点ではあくまでウワサの範囲だと思うんですけど、仮にそれが本当だとすれば、ロータやエンジンに巻き込んだ際に致命的な影響を与える可能性はかなり高くなります。またレーザーポインター 200mw レッドについても、そもそもその種の用途で「Blinding Laser Weapon (BLWs) 」というものが開発された事実があるわけですから、これも場合によってはパイロットに大きなダメージを与える危険性は否定できません。

 
これ、凧や風船って笑うレベルじゃないですよ。



 
今回の凧や風船、1000mw ブルーレーザーポインターはれっきとした犯罪だと思います。右翼左翼の区別無く、犯罪行為を平気で行う連中はただの犯罪者として扱うべきで、もちろんそれによって起こった結果の責任もその犯罪者に負わせる、ただそれだけのことだと私は思います。

 


 
不幸にして最悪の結果が起こってしまったら、マスコミは「そもそもオスプレイや海兵隊があるからだ」って論理でくるんでしょうね。



http://plaza.rakuten.co.jp/fsseer/diary/201509140000/


http://focusreza.on.omisenomikata.jp/diary/1125976


  


Posted by kukikomi at 16:27Comments(0)

2015年09月15日

レーザー光を直視したために網膜を痛める


レーザーポインターのレーザー光について


過去に、レーザー光を直視したために網膜を痛めるなどの事故がありましたが、反射したレーザー光は大丈夫なのでしょうか?もちろん鏡に反射した100mwレーザーポインター光は危険だと思いますが、プレゼン時に使用するスクリーンや白の壁に反射したレーザー光はどうなのでしょうか?これらの素材では、表面が凸凹のため拡散されて、安全なのでしょうか?


レーザー・ポインターの出力とスクリーンとの距離によりますが、

まず、白いスクリーンや白壁でしたら問題はないと思います。



カラス撃退 レーザーポインターが危険なのは5mw以上のパワーを持ち、ビーム径が7mm以下のものをまっすぐに直すると、普通は眩しいと眼が反応するのですが、この反応が遅いと網膜にレーザー・ビームが入り、火傷もしくは部分的に失明、パワーや照射時間によっては完全失明する危険性があります。



スクリーンでも中には反射率を高めた工夫をされたものもあります。



それもよほどのパワーでなければ、まず、ギラッと目に突き刺さる感じと目に残像が残らない程度であれば大丈夫です。



もの凄いパワーの青いレーザーポインター 1000mwでビルの壁に絵を書いたりもしていますから。でも、これも一番近い場所で、安全なように工夫して、照射されております。



参考にLASAのレーザー・ディスプレイの安全運用の「3. 人体傷害の防止」を読んでもらうとよく理解できるかも知れません。



http://focusreza.on.omisenomikata.jp/diary/1113975 0


http://faerhhj.diarynote.jp/201509101838376679/


  


Posted by kukikomi at 17:40Comments(0)

2015年09月14日

会議用のレーザーポインターは何故赤なの?


会議用のレーザーポインターは何故赤なの?


教えてください。会議などに使われるレーザーポインター 5mwはなぜ遠くまで光が届くのですか?それになぜ赤色なのでしょう、すみません教えてください。


なぜ遠くまで光が届くのですか?

「レーザー」は単一波長の光を指向性を持たせて放射しているもの。

通常の光源の様に全方位に拡散しないため遠くまで届く。



>それになぜ赤色なのでしょう、

別に色に決まりはない。

光源デバイスとして安価であることと、見やすいことによる選択と思われる。


普通のレーザーダイオードでしょう. 赤なら CD や DVD でも使っているので, 非常に安価なはず. 緑や青のように波長が短くなると素材も問題になるし発光効率もあがらないんじゃないかなぁ? とはいえ青色レーザーダイオードも (Blu-ray のおかげで) 安価になっていくでしょう.

あ, レーザーポインター カラス駆除なら青より緑の方がいいと思います. 確か, 人間の視覚を考えると同じ強度でも緑の方が見やすかったと思う.


「レーザー光は長距離を拡散せずに伝搬したり、非常に小さなスポットに収束したりすることが可能になる。」

そもそもこれがレーザーの特徴です。

赤いのは赤色レーザーポインター 星空を使っているからですが,現在は青色?オレンジ?黄色もあります。


http://ameblo.jp/fhrihy/entry-12071928078.html


http://blog.livedoor.jp/flisper/archives/1039733817.html


  


Posted by kukikomi at 11:34Comments(0)

2015年09月09日

レーザーポインターの光が見えないのは何故


レーザーポインターの光が見えないのは何故


先日レーザーポインター カラス駆除を購入したのですが、

飛跡が見えません。

暗いところでは薄っすらとみえるのですが???

はっきりとはみえないのです。(最後のほうにその動画のアドレス載せます)



YOU-TUBEで「レーザーポインター50mW」と検索するとどれもみな、

飛跡がしっかりと見えているのですが、

なぜなのでしょうか??



私が持っているレーザーポインター 星空観察の出力が50mWではないのでしょうか??

それとも飛跡が見えるようになる方法があるのでしょうか??



単純比較はできないと思いますが、レーザーサイト並だとして、条件がよければ数百mから2キロぐらいは届くんじゃないでしょうか。到達を目視で確認するのは難しいでしょうけど。


街灯のあるなしは到達距離には関係ありません。ただし、試すのはできたらやめてください。特に住宅街はやめてください。人の目にはいると危険です。


飛跡がしっかりと見えているのですが、なぜなのでしょうか??



飛跡、と呼ぶのかは知りませんが、レーザーポインター ビジネス光は飛ぶ方向がきっちりしているので、

空中に何も無ければ、正面以外に光が行かず、従って見えません。

見えるのは、空中のチリ?ホコリ?煙?霧などにぶつかり、乱反射するからです。



部屋の中で空気清浄機を使ってるような環境だとキレイすぎてみえないでしょうね。

お手軽には、お湯を器に注いで湯気を立てる、タバコの煙をためる

などすれば1000mw ブルーレーザーポインター乱反射させて見やすくなると思います。


http://blog.eigyo.co.jp/fnhgftt/


http://plaza.rakuten.co.jp/fsseer/diary/201509070000/


  


Posted by kukikomi at 14:52Comments(0)

2015年09月08日

高出力レーザーポインターを用いたスペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去技術


高出力レーザーポインターを用いたスペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去技術


レーザービームで宇宙をキレイに


理化学研究所の共同研究グループは、高出力レーザーポインター グリーンを用いたスペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去技術を考案した。技術考案はエコール?ポリテクニークと原子核研究所宇宙物理センター/パリ第7大学、トリノ大学、カリフォルニア大学アーバイン校との共同研究による成果となる。数センチサイズのスペースデブリを除去する方法の提案は初。


スペースデブリは地球衛星軌道を周回する人工物体で、近年の宇宙開発の活性化にともなって増大を続けている。'00年から'14年の間にデブリの数は約2倍に増えているとされ、現在は事故や故障で制御不能となった人工衛星、ロケット本体や部品、デブリどうしの衝突で生まれた微細なモノも含めて約3000トンのデブリが宇宙を漂っている。


 これらは互いに異なる軌道をとるため、回収が難しくなっている。スペースデブリが人工衛星や国際宇宙ステーションなどに衝突すれば、設備の破壊だけでなく人命にも関わるため効率的で実現可能な除去技術が求められている。


 共同開発グループは軌道上からレーザーポインター ペットをスペースデブリに照射し、その結果生じるプラズマの反力を使って減速させて大気に再突入させて除去する方法を提案。プロトタイプ望遠鏡システムを用いて技術実証を行ない、最終的にスペースデブリの密度が最も高い高度約800キロの極軌道にデブリ除去用の宇宙機を打ち上げると、5年程度で大部分のスペースデブリを除去できることがわかったとしている。


技術的な課題は平均パワーが500kWに達する宇宙用高強度レーザーをつくること。また、高速で移動するスペースデブリからレーザーポインター カラス駆除ビーム照射による軌道制御までの一連の作業を1秒程度以下で行なわなければいけないこと。共同研究グループは、現在の最新技術を用いることでこれらの課題点も解決できるとしている。


 スペースデブリの恐ろしさと回収の難しさを描いた名作『プラネテス』ファンとしてはうれしいこのニュース。この調子で安全かつクリーンに、宇宙開発が進むといいですね!



http://www.stickam.jp/sakumiahrf/timeline/1441597635 0


http://fwetg.269g.net/article/20661154.html?1441597546


  


Posted by kukikomi at 12:51Comments(0)

2015年09月06日

レーザーポインター到達距離


レーザーポインター到達距離


最近はレーザーポインター 高出力も出回っていますが、例えば2km先や5km先に照射した場合どのくらいの直径で照射する事になるのかわかりますでしょうか?


業務用で100mW程度のものも使うことがありますが、使用上は、レーザー光の焦点調整が必要です。


+大気中の粒子(粉塵?水蒸気等)の影響を受けて拡散?減衰するので、まあ、1kmも使えないと思います。


あと、屋外で1kmもの確認をしようとしたら、その光路間に人が立ち入らせないようにする必要があります。


2~5km先を照射できたとして、そのような離れた距離でどうやって目標の地点に照射できたのかどうかを知るのでしょう?


真空中ではないのですから、直進性に優れたレーザーポインター光でも塵や水蒸気で散乱してしまい、かなり暗く広がってしまうことが私のような素人でも容易に想像できます。


全くの門外漢であり、この方面の応用など全く考えておりませんが、この点をどのように解決しようとお考えなのか、純粋に技術的な面について後学のために教えて頂きたいのですが。


また、望遠鏡で言う主鏡とファインダー間の光軸に相当する調整が必要だと思いますが、この点もどのように行うのでしょう?


実際に肉眼で覗ける望遠鏡だからこそ同一方向を向いているかどうかの確認?調整が子供でも容易にできるのですが、指向性アンテナとレーザーポインター グリーンでは確認のしようがないのではないかと思うのですが?


5mwレーザーポインター


http://blog.livedoor.jp/flisper/archives/1039186604.html


http://yaplog.jp/fbbskay/archive/10


  


Posted by kukikomi at 12:30Comments(0)