2016年03月26日

冒険用レーザーポインター特集


冒険の時、懐中電灯とレーザーポインター、どっちがもっと役たつ?


懐中電灯の照射距離は遠くではありません。それとくらべて、レーザーポインターの照射距離は顕著に優れています。一般的に、レーザーポインター プレゼンの照射距離は800-1000メードル。少なくとも300-500メードル、更に電池電量の消耗は緩いです。だから、レーザーポインターで遠い目標ものを示す、SOS信号を発射のはとても適しています。


他に、高出力レーザーポインターは点火できで、厳しい生存環境で、火の源になれます。


だから、冒険愛好者にとって、レーザーポインターは欠けないツールで、お勧めます!


冒険、屋外用レーザーポインターおすすめ:


NO.1 遠足、冒険、野外指示におすすめ 強力100mwレーザーポインター 冒険



おすすめ理由


●見た目とおり、高級、上品な外観、使い心地はとても楽しい。


●小規模な野外、たとえばカフェや宴会所の裏庭的な感じであるようなスペース。街中の建物と建物の間にあるような空間でのスペースなどてが届かないところへの指示は最適です。


●それ以外、五星型つキャプ付いて、多種多様の光図案があります。


●焦点を調整し、野外で点火ができます。遠足、冒険者にとってとても良い仲間です。


 


NO.2 カラス駆除!点線状グリーンレーザーポインター カラス退治 100mw



おすすめ理由


●明るくグリーンレーザーでカラスなどの害鳥撃退する。


●生活防水機能付き


●ロック付き、家に子供がいるも心配なし!安全性保証!


 


NO.3 小型懐中電灯タイプ緑レーザーポインター 星まで届く 50mw出力 野外 冒険



●軽量で持ち運びが便利、照射角度も自由自在!


●多功能星座レーザーポインターです。満天の星キャプで豪華綺麗な光をみえる、キャップ外し、点線状明るいレーザーは指示棒になります!


もっと高出力レーザーポインターはこちらへ: https://www.focusreza.com/100mw1.html


視野広げ:


http://fseter.blog10.mmm.me/mmmblog-entry-31.html


http://blogs.yahoo.co.jp/feywety/42541850.html


 


  


Posted by kukikomi at 16:13Comments(0)

2016年03月22日

安全基準の1500倍の強さの光が出るレーザーポインターを不正販売


姉弟が高出力レーザーポインターを不正販売


 


国が定める安全基準の1500倍の強さの光が出るレーザーポインター 星空を販売していた、横浜市に住む60歳の女性と45歳の弟が16日、書類送検されました。



 
横浜市に住む女性と弟は1月、国の安全基準をクリアしていない2種類のレーザーポインター合わせて3本、3万円相当をインターネットを通じ、愛知県の男性ら3人に違法に販売した疑いが持たれています。警察によりますと、販売されていた赤レーザーポインターは最大で基準の約1500倍の強さの光が出るもので、直接、目に当てると失明する恐れがあるということです。弟は、基準をクリアしていることを示す「PSC」マークの偽物のシールを自分で作り、貼っていました。警察の取り調べに対し、姉は「勤めている輸入雑貨店で入手した」、弟は「小遣い稼ぎでやった」などと供述していて、容疑を認めています。警察は、2人が2015年11月から同じ手口で繰り返し販売していたとみて余罪を調べています。



消費生活用製品安全法による規制内容:


日本国内において光強度が1mW以上(JIS規格クラス3A~4)の製品の製造販売や輸入販売が禁止された。


レーザーポインター 防水を海外レーザーポインター 販売店から輸入では規制しません。


 


  


Posted by kukikomi at 18:11Comments(0)

2016年03月19日

中国の劇場公演中、聴衆にレーザーポインター照射され


中国の劇場公演中、聴衆にレーザーポインター 5mw照射され


2016年3月14日、ニューヨーク・タイムズによると、公演中に聴衆が携帯端末を使うことは世界各地の劇場やホールで出演者や主催者を悩ませている問題だが、中国では“有効な”対策が取られている。問題の聴衆にレーザーポインターを照射するのだ。16日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。


 



中国の劇場・ホール管理者は公演中に携帯端末をいじるなどの行為を働く聴衆にレーザーポインター 野外を当てるのは最も有効な解決策だと話し、本人の意識を向上させなければ、こうしたマナー違反はなくならないと説明する。 



上海大劇院の関係者は、出演者にとって聴衆が携帯端末をいじっているのは耐えがたい行為で、レーザーポインター カラス駆除を当てることで遠回しにやめるように促すのだと話す。薄暗い会場内でレーザーを照射し、軽く恥をかかせて、マナー違反を自覚させることが目的なのだという。 



しかし、会場内でレーザーポインターを照射することで、出演者は気が散らないのか。その点は、会場側が照射するタイミングを配慮するなど、対策を講じていることを明かしている。 



なお、中国国家大劇院は2007年から運用されているが、当初は公演中でも着信音が何度も鳴ったり、通話し始めたり、写真を撮ったりする人が後を絶たなかった。現在は多くの劇場・ホールで通信機能抑止装置を使っており、そうした行為は減少しつつあるが、マナー向上の最善策としてレーザーポインター 低出力を使用している会場もある。


 


  


Posted by kukikomi at 16:22Comments(0)

2016年03月03日

回送中の路線バスにレーザー光線を当てて運行を妨害


路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕


回送中の路線バスに強力なレーザーポインター光線を当てて運行を妨害したとして、大阪府警捜査1課と守口署は25日、威力業務妨害容疑で大阪府守口市八雲中町の無職、津田徳幸容疑者(57)を逮捕した。「自宅のベランダから道などにレーザーを当てたが、バスに当てたかは記憶が定かでない」と供述している。


 府警は津田容疑者の自宅や車からレーザーポインター 星空観察計4個を押収。うち1個は国内の基準の約1千倍で失明の恐れもある青色のレーザーを照射する機能があったという。


 逮捕容疑は昨年12月14日午前8時45分ごろ、マンション4階の自宅のベランダから、近くの国道1号を回送中の京阪バスを運転していた40代男性にブルーレーザーポインター 2w光線を当て、バスの運行を妨害したとしている。


 同課によると、バスに客はおらず、けが人や目立ったダイヤの乱れもなかった。同様の被害はほかに確認されていないという。



  


Posted by kukikomi at 10:57Comments(0)